2007年09月04日

【07秋季リーグ】1部リーグキャプテンの抱負:桃山学院大学

桃山学院大学・尾崎雄二主将による秋季リーグに向けてのコメントです。
Q1.キャプテンとしてチームを見て、春に比べてどのようなところが成長したと手ごたえを感じていますか?また、チームのどんな点に注目してもらいたいと思っていますか?
Q2.秋季リーグでの目標は何ですか?それを達成するための課題があれば、あわせてお書きください。
Q3.秋季リーグへ向けての抱負をお願いします!

尾崎雄二A1.夏に全く結果が出せていないので、逆にその分、チームの軸となる考えや戦術はできていると思います。また、手ごたえを感じるほどの結果を残せていないので不安はあります。しかしそういった試練を乗り越えて、戦う姿を見てほしいです。
A2.目標はもちろん優勝です。しかしそれを達成するためには、まだまだ成長しなくてはなりません。例えば90分間戦い抜く集中力だったり、精神力はまだまだ足りないと感じるので、1戦1戦を大事にして戦わなければいけないと思います。
A3.秋季リーグは僕ら4回生にとっては、学生生活最後のリーグです。そのため今まで以上の思い入れがあります。今のチームでプレーできるのも長くて4、5ヶ月です。1試合でも多く桃山というチームでプレーできるように全力を出し、勝つ喜び、優勝する喜びを全力で分かち合いたいと思います。


posted by yasuyo KANIE at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。