2007年10月15日

【07秋季リーグ】第3節/京産大−近畿大 スタッフ・選手コメント

2007年度関西学生サッカーリーグ 第3節・京都産業大−近畿大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 京都産業大学・古井裕之監督
 取られ方が悪かった。真ん中の2人が90分通して安定できなかったことが、勝ちきれなかった原因でもあったと思う。春からしっかりやってきたのに、DFがうまく機能しなかったことも悔やまれる。木付はゲームの中でうまくボールに絡んでくれて、良くやってくれた。
 関西選手権では、近大に対して早めに飛び込んでいって交わされていたので、待って見てつぶしにいこうと話した。バランスを崩さずにDFできたことは、前回から修正できていたが、個人能力は向こうが上だった。ドリブルで持たれて、2人、3人で囲んでも取れずに、個人の力でやられてしまった。次の同志社もドリブル主体で来るチーム。簡単に行かずに、2、3枚でしっかり取りきれるようにしたい。

−Voice 近畿大学・田中幸雄監督
 立ち上がりエンジンがかからずにもたついて、引き分けに終わったが、近大のサッカーはできつつある。最後に追いついてくれたことを評価したい。前半はやらにゃいかんという気持ちが強すぎたのか、パスミスが多かった。だが、後半は落ち着いてやれた。守備は悪くはなかったが、失点を重ねてしまった。押しているとリスク管理が留守になり、ボールと前ばかりを見てしまう。その部分を火曜から、改めてしっかりやりたい。限られた時間で最後まで諦めず、精一杯やることが大事だと選手たちに話したが、最後まで諦めんとプレーして、精神的な部分では本当に成長した。これまでだったら、納得いかないPKを取られて勝ち越されたら、くさっていたところを頑張ってやってくれた。

馬場賢治−Voice 近畿大学・馬場賢治(MF・主将)
 今日の僕の役割はボランチだったので、3失点したことが悔しい。守備を意識してプレーする中で、点に絡めたことは良かったと思います。今までだと最後、あそこで返せる力はなかった。京産大がガツガツ来るのは分かっていたが、そこでみんなが切らさずにクリーンにやれたことが追いつけた理由だと思う。得点は技術じゃなくて気持ちのプレーで決めました。春は失点がリーグワースト2だったので、しっかり抑えようと言う意識を持って山口を中心にやってきたが、まだまだ守備は成長しなくてはいけない。まだ攻守のバランスを保てていない。でも、関学にはセットプレーからやられたが、今日は前半相手のがセットプレーが多かったけど、そこをしっかり守れたことは成長だと思う。
経験のないチームなので、1試合ずつ成長していかないといけない。フレッシュなヤツも出てきて、底上げもできているので、僕自身もチームの成長を楽しみにしています。


posted by yasuyo KANIE at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。