2007年10月22日

【07秋季リーグ】第4節/大体大−関学大 スタッフ・選手コメント

2007年度関西学生サッカーリーグ 第4節・大阪体育大−関西学院大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 大阪体育大学・坂本康博総監督
 前半、攻められた時に耐えておかないといけなかった。勝ち点が取れていないから、沈む状況になっているが、内容としては悪くはない。点が取れないだけで、チャンスは作っているし、あとは決めるだけ。関学が3バックなのでサイドを狙おうとしたが、サイドで仕事ができなかった。前半は関学のプレスでサイドに出せず、後半もタイミングが悪かった。ボランチがフラットでボールを受けようとするので、サイドチェンジができず、ポジショニングが良くなかった。点を取られると脆く、リズムを取れないひ弱さが出た。跳ね返して(ボールを)奪いにいけるようにならないとダメ。やる気はあるが責任感がまだ足りない。関学の頑張りの勢いを止めたかったのだが…。それでもまだ混戦だし、最後まで分からない。どうにか4位以内を狙いたい。

西谷良介−Voice 大阪体育大学・西谷良介(MF・主将)
 前半はベンチから見ていて、元気ないと思ったし、入り方も暗かった。途中から入るのは、流れを変えるためと勢いをつけるため。声とプレーでみんなを引っ張ろうと思った。ちょっとは出せたかと思うし、身体を張ったプレーで勢いを与えたかった。
今日は勝負どころと分かっていたが、勝てる、大丈夫と余裕がどこかにあって、危機感を持ってやってるヤツが少ない。プレー以前に戦う気持ちを見せないといけない。チームとして戦ってないように感じる。春に勝っている分、上を見すぎていると思う。1戦1戦しっかり戦って、勝ち点を積み上げていかないといけない。いい課題を持てば、何をやればいいかは見えてくる。

−Voice 関西学院大学・成山一郎ヘッドコーチ
 今日は体大のらしくないミスに助けられた。そうでなければ相手も勢いづいたし、こちらが守りに入って失点していたかもしれない。まだまだうちは隙だらけだった。体大が11(熊元)を使ってくることは分かっていたので、そのこぼれを集中して最後までやるように気をつけていた。京産や体大のように、一山越されてシンプルにやられるチームはプレスをかけるうちとしては苦手。だが、後ろの3人の頑張り、GKの集中、中盤の選手のこぼれ球を拾う意識が大きかった。
連勝しているが、いつもどおりスタイルは変えず、目の前の試合に集中して次も戦います。

村上達哉&北野雄志−Voice 関西学院大学・北野雄志(FW)
 ボールがいいところに来たし、思い切り振りぬいた。体大に攻められるのもあるし、早めに先制してのって行きたかった。3節は僕は(出場停止で)出られなかったけど、3点取れて勝っていて、後輩たちの頑張りが刺激になって個人的にも早く得点を取りたかった。チームのために絶対に取ろうという気持ちだった。1トップ2シャドウがもうちょっと前でキープしてみんなの上がりを待てたら、僕らの形に持っていけていたが、簡単に相手に取られて攻め込まれて勢いづけてしまい、苦しい試合にしてしまった。勝って喜んでばかりはいられない。この先も一歩一歩勝ち点を積み上げられるよう、やっているプレスに磨きをかけていきたい。個人的にはもっと得点を決めないと。ゴール前で貪欲にプレーして、チームに貢献できたらと思う。
(左はアシストの村上達哉)


posted by yasuyo KANIE at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。