2007年10月23日

【07秋季リーグ】第4節/びわこ−関西大 スタッフ・選手コメント

2007年度関西学生サッカーリーグ 第4節・びわこ成蹊スポーツ大−関西大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice びわこ成蹊スポーツ大学・松田 保監督
 守れることを前提にしているので、先制されると苦しい。春は攻撃も警戒されてなかったが、研究されて通用しなくなっている。どのチームも進歩しているのに、質を上げるという課題の部分でうちはレベルアップしていない。勝負はラッキーな部分もあるのだが、春の結果でやれると勘違いしている選手が、アバウトなサッカーをしている。攻守に渡ってしっかりしてくれる選手がいなさすぎる。守るだけ、突破だけになっていて、バランスのいい選手が今の状態ではいない。Iリーグのメンバーも一生懸命応援してくれているが、不甲斐ない試合が多い。
ちょうど折り返しなので、もうちょっとバランスにいいチームを作らないといけない。すぐには無理だが、徐々に作り変えていかなくては。ようやく現実を直視できたと思う。原点に帰ってしっかりサッカーをしていく。

玉垣光滋−Voice びわこ成蹊スポーツ大学・玉垣光滋(MF・ゲームキャプテン)
 前半0−0というシナリオだったので、入れられてリズムが悪くなってしまった。チャンスもあったが、決めるところで決めきれていない。僕らは技術がないので、ボールを奪ってカウンター勝負に行くところで、関大にやりきられてやられてしまったことが敗因だと思う。
責任感もあるし、応援してくれるみんなにも申し訳ない。今は練習の雰囲気からしまっていない。それを変えていかないと、緊迫した試合はできない。4回生が変えていかないといけない。

−Voice 関西大学・島岡健太コーチ
 リアクションじゃないと行けず、アクションをおこして取られて、だんだん臆病になっていた。それでも崩せるんだというプレーを何度か見せてはいた。目指すものを考えると、戦術も意識もまだ足りない。もっとボールを追いかけないといけないし、隙を見せないようにしないと。勝ち点3がこれまで取れていなかったので、今日勝ってよかったで終わらせたらまた一緒になる。そうならないために、今この時点から反省して持ち帰ってトレーニングに生かせればと思う。点を決めた藤澤は、持っている能力をようやく出しつつある。彼だけに限らず、皆が力をどれだけ出せるかがやりがいにもつながる。次の阪南戦はお互いにいい部分を出せるような試合をしたい。

大屋翼−Voice 関西大学・大屋 翼(DF)
 サンフレアベック弾で決めました(笑)。ここまでいい試合はできているが、悪い時に我慢できずに失点していた。最初の2試合で5失点してしまい、この2試合は0で行こうと意識統一して完封できた。割り切って守備することが出来始めているし、それはDFだけでなく中盤の頑張りやコミュニケーションができてきたからと思う。攻められてはいたが、一人だけの攻撃が多かったので、数的有利を作っておけば失点はないと思っていた。得点は、ニアのヤツがスルーしたとき、来そうやと思っていた。決まった時間帯も良かったし、余裕を持って試合ができた。
秋は春よりも上の学年がメンバーに増えて、負担も減ってプレーに集中できるようになった。でも春のしんどかった経験が、今となっては良かったかなと思える。


posted by yasuyo KANIE at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。