2007年10月29日

【07秋季リーグ】第5節/大体大−近畿大 スタッフ・選手コメント

2007年度関西学生サッカーリーグ 第5節・大阪体育大−近畿大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 大阪体育大学・坂本康博総監督
 攻撃は練習で言っていたことがやっとできた。だが、ああいう点の取られ方をするのはダメ。2点取っていけると思ったのか、サッカーでは1点は何が起こるかわからないからしょうがない。だが、同じことを繰り返してしまった。近大はサイドが脆いので、徹底してそこを使ってやろうと指示をした。熊元にはゴール前に早く来いと言っていて、その練習をやってきた。そのとおりに決められたので、これでちょっと変わってくれるのではないか。こうやらないと点は入らないというのが分かったと思う。このまま勢いにのって勝っていきたいところだが、リーグ戦はそうは甘くはないだろう。

熊元敬典−Voice 大阪体育大学・熊元敬典(FW)
 先制点はたまたまです。打った瞬間は外れたと思ったけど、うまく入った。ずっと点を取れてなかったので、嬉しかった。2点目は、ドンピシャのタイミングでした。センタリングがめっちゃ良かった。失点してしまったが、その倍、前が点を取れたし、守備はまた修正していけばいいと思う。春リーグの阪南戦から、ずっと公式戦で得点できてなくて、ヤバイという気持ちだった。僕はヘディングが売りだから、Cチームのヤツに練習に付き合ってもらってずっとヘディングの練習をしてきた。それが試合に出せて、応援してくれるヤツらに良かったなといわれて嬉しい。もっと練習してヘディングで点を決めたい。

−Voice 近畿大学・田中幸雄監督
 イメージどおりにいってくれん。セットプレーで気を抜いてしまうのか、やかましく言っているのだが辛抱できていない。ずっと課題としていて、練習もしてるのにできないのだから、練習の仕方をもっと考えんといかん。破られたのならば開き直れたが、へんなやられ方で2点入って余計に焦りが出てしまった。だが、後半はきっちりできていたので、まだ見込みはあると思う。流れそのものも後半悪くはなかった。まだあと4試合あるし、話し合って練習の方法を考えていかないと。もう一度1週間でやり直したい。


posted by yasuyo KANIE at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。