2007年10月30日

【07秋季リーグ】第5節/びわこ−関学大 スタッフ・選手コメント

2007年度関西学生サッカーリーグ 第5節・びわこ成蹊スポーツ大−関西学院大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice びわこ成蹊スポーツ大学・松田 保監督
 泥臭い持ち味が出せた。関学がやろうとしたサッカーをうちがやれたし、向こうはビルドアップしてから攻め切れなかった。GKも当たっていて、PKを止めてくれたのは大きかった。敗戦パターンになりかけていたのを救ってくれた。春に優勝したというプライドもあるし、ここまで全勝の関学は戦うのに一番いい相手だった。春にやっていたサッカーをようやく取り戻せた。先取点を取れたことで粘り強く戦えて、頑張れるサッカーができた。混戦だし、まだ上位に入れるチャンスもある。可能性を追求しながら、次の試合に挑みたい。

新田雅士−Voice びわこ成蹊スポーツ大学・新田雅士(GK・ゲームキャプテン)
 PKは右に蹴ってくると狙って飛んだ結果、止められた。流れを変えることができたので、良かった。前半はいいけれど、後半間延びしてダメになることが多かったので、そこでコミュニケーションを取ってコンパクトにすることと、最後身体をはってしっかり守ることができた。なかなか秋は結果が出ず、学年の縦のつながりがなく、4回生がしっかりしていない部分もあったし、下からのアドバイスも少なかった。学年の壁をなくしてやっていこうと毎日ミーティングを重ねて、お互いのプレーについての理解と関学のサッカーを研究してきた。技術はないけれど、気持ちでカバーしようと一丸となったことが、勝利につながった。勝利は嬉しいけど、切り替えて近大戦に向けてまたコミュニケーションをとっていきたい。おごらず、気を引き締めて、自分たちのいい面を出せるサッカーをしたい。

−Voice 関西学院大学・成山一郎ヘッドコーチ
 率直に今日のびわこはとても強かった。春6位のチームがこのまま行く訳ないし、春の優勝チームが悪い状態のままではない。こういう日がいつか来ることは、うすうす感じてはいた。PKもあったし、ミスもあった。だが、そこから反省した何かを学ばないといけないんじゃないかと思う。勝敗に直結するミスを反省して、同じことが起きないように学ばなくてはいけない。順位や勝ち点よりも、関学らしく戦えるよう準備することが大前提。春の戦いを経験して継続する大切さと、壁に当たったときにくじけないということを学べてきていると思っている。次はどうなるか分からないが、前期よりは成長している姿をお見せします。

木村哲也−Voice 関西学院大学・木村 哲也(MF・主将)
 チームとして全員がダメだった。相手の方がカウンターも、前に出るのも戻るのも早かった。うちは出て行くのが遅くて前で守られていたし、カウンターを受けてバタバタしてファウルしてを繰り返してしまった。練習はきちっとやってきたけれど、敗因はメンタル的なところ。ここまでうまく行き過ぎているのを勘違いしちゃったら、ダメだと思う。びわこの方が鬼気迫る感じだったし、こちらにはそういう部分が足りなかった。PKで2−1にしていたら落ち着いてやれていただろうけど、結果論だし試合内容を見たら完敗です。GKからFWまで、全員が自分のプレーをしっかり立て直して行くことが大事だと思う。個人を見つめなおして自分の役割を考えて、試合でパフォーマンスを出せるようにしなくては。次の試合まで、メンタル的にしっかり引き締めたい。


posted by yasuyo KANIE at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。