2007年11月03日

【07秋季リーグ】第6節/関学大−阪南大 スタッフ・選手コメント

2007年度関西学生サッカーリーグ 第6節・関西学院大−阪南大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・成山一郎ヘッドコーチ
 阪南はやはり強かったが、関学はしぶとくなったと思う。前半はシュートが少なく、加茂さんにもシュートしないと点が入るわけないと言われて、前にゴールに向かってプレーしようと後半は臨み、その姿勢がゴールにつながった。だが不用意なプレーもあったし、取ったすぐあとに2点目を取られたのはしてはいけないことだった。内田を使ったのは、総合的に彼が良かったから。北野、金尾、村上がもっと前向きでプレーできていたら、内田の良さがもっと出たと思う。こういう試合をステップアップにつなげて欲しい。
挑戦者として戦う方が戦いやすいので、負けがない大阪学院との対戦ということをポジティブに捉えて頑張りたい。

北野雄志&上村晋平−Voice 関西学院大学・上村晋平(MF)
 1点目は中が見えていたので上げていったが、うまく決めてくれた。2点ともFWのおかげです。何回かタテに行っていたのが効いていて、2点とも早めに上げたのでDFが反応できなかったのかなと思う。僕が出て勝った試合は春の関大戦くらいなので、チャンスをもらったら勝ちにつなげたかった。自分としてはDFが課題と思うし、自分のところで空回ってる部分もある。青戸さんはポジション取りもうまいので、そういうところを見習っていきたい。ポジションがうまく取れれば、攻撃にもつなげられる。僕の持ち味はスピードとタテに勝負していくことなので、そこからチャンスを作れたらいいと思います。
(左は1点目を決めた北野雄志)

−Voice 阪南大学・須佐徹太郎監督
 守りきれなかったことにつきる。不本意な交代を余儀なくされてしまったし、2失点めはこぼれ球に対してちゃんとしたポジションを取れていなかったのが、失点の原因。こうなってしまうのは、力が足りないから。交代メンバーもまだまだで、(西田)剛も身体がまだ戻っていなかった。ボールを奪ってもフリーになれておらず、相手を振り切るだけの力がない。チームとしての動き方も個人の力も発揮できていなかった。

吉田将之−Voice 阪南大学・吉田将之(MF)
 チーム全体としてシュート数が少ないことが課題なので、1点目は打とうと思っていったのが、うまくいった。2点目は誰かに当たればいいと思ったので、速いボールを入れた。リードしても守りきれないのは、1人1人の守備の意識や責任感が足りない。失点が癖になっていて、無失点で勝っている試合がない。後半に運動量が落ちてしまうし、球際の弱さがでてしまう。春よりは良くなっているが、勝ちきれずに押し込まれて失点している。今日は取られてすぐに取れていい感じだったけれど、相手のがむしゃらな勢いにいかれてしまった。リードした時に切らさず、守りに入らずに次の1点を取る気持ちで行くことが大事だと思う。


posted by yasuyo KANIE at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。