2007年11月12日

【07秋季リーグ】第7節/関学大−大院大 スタッフ・選手コメント

2007年度関西学生サッカーリーグ 第7節・関西学院大−大阪学院大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・成山一郎ヘッドコーチ
 リードして折り返せたが、逃げ切るのは簡単じゃないことはわかっていた。負けている相手が来るのはどこも一緒だし、それに加えて後半に強い大阪学院だから、立ち上がりは大事にしよう、しっかり準備しようということは話していた。ここ何試合か、無失点のゲームがないが、それは後ろだけの問題じゃない。前がほつれてやられてしまったりとチーム全体のバランスもある。ただ、みんな努力をしているから、いい順位につけている。インカレに行けるようにするためには、次が大事。とにかく関学らしく集中して、全力を出せるようにしたい。

青戸謙典&原田雅史−Voice 関西学院大学・青戸謙典(MF)
 得点できたことは嬉しいけれど、引き分けてしまったので悔しいです。ゴールは走ってきたところに、たまたまGKがこぼしてきたので押し込んだだけ。リーグの目標として、得点に絡むプレーというのがあるので、点を取れたことは良かった。でもそれ以外のチャンスでももっと仕事しないといけなかった。サイドから点に絡んで、どんどん出て行けと加茂さんにも言われていて、そういうプレーも増えた。自分としてはスペースを作ったり消したり、つなぎの部分や運動量が持ち味だと思うので、それにプラスして攻撃の部分でプレーの精度を上げていくことが課題と思っています。まだ優勝もインカレも可能性があるので、勝つために何をすべきかをしっかり考えて、チーム一丸となって頑張りたい。
(右はFW・原田雅史)

−Voice 大阪学院大学・藤原義三監督
 入り方は徐々に改善できていると思うが、2失点はうちのミスがでてしまった。でも、関学のパワーサッカーに対して、よう後半追いついたので良しとしないとしゃあない。前半戦って、いけるという気持ちは選手たちも持っていたし、タイプの違うサッカーに対して相手に合わさず、自分達のサッカーを続けていくことができるようになった。今日も相手は3バックでシステムが違うが、敢えて指示を出さずに相手がこっちに合わすように仕掛けようと選手たちには話した。春に比べたら成長してるし、1試合でちょっとずつでも成長していって欲しい。次は岡村・藤尾が出場停止で苦しいが、山本(玲奈)がBから抜擢されてメンバーに入っていることが他の選手たちにもいい影響となっている。チームの底上げと活性化をしていきたい。

佐藤直裕−Voice 大阪学院大学・佐藤直裕(MF)
 いつもスロースタートなので、今日は前にどんどん行こうと思っていたし、最初のシュートだったから思い切って行こうと打ったら、うまく入った。相手は蹴ってくるし、そのセカンドボールを関学よりは拾えていたので、攻撃に行きやすかった。前半終了間際に取られてしまったが、これまでも後半で奇跡をおこしているので、自分たちを信じてプレーしていた。FKは練習どおりのコースです。シジマールや大石コーチにも手伝ってもらって練習してきたので、ここで決められて良かった。あと2試合、全国大会や順位は意識せず1戦1戦を大事に戦いたい。


posted by yasuyo KANIE at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。