2007年11月25日

【07秋季リーグ】第9節/桃山大−阪南大 スタッフ・選手コメント

2007年度関西学生サッカーリーグ 第9節・桃山学院大−阪南大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 桃山学院大学・松本直也監督
 勝ててよかった。ああいうゲームの後(前節は1−5で大敗)だし、今日は最後の気持ちのところだけだった。前半向こうのペースだったので、0で折り返せたことは良かった。中山を代えなくてはならなかったが、(北江)進吾もマサ(古川)もサイドはできるので、問題はなかった。夏の間はケガ人も多く苦しかったが、リーグをやるうちに良くなっていった。負けた試合は相手よりも自分たちのミスや気持ちの部分で落としている。そこをインカレまでに何とかします。センターラインの4人が1回生という若いチームなので、これを経験にしてもっといいチームにしたい。もっとやれたと思うけれど、この面子でこの順位というのは悪くはない結果だと思う。

岡田翔太郎−Voice 桃山学院大学・岡田翔太郎(MF)
 今日はあのFKだけでした。FKは高校ではあまり蹴ったことがなくて、僕は左でキッカーもいないので蹴ろうかなと練習してきた。試合の中で左で蹴った方がいいところで回ってきて、練習どおりに決められた。イケさん(池田)と宮澤が前で引っ掛けてファウルになる場面が多かったので、チャンスだと思っていました。相手のプレスが速くてボールをもらえず、もらってもなかなか前を向けなかった。FWの2枚が低いのでサイドにボールを集めたらよかったが、セカンドも相手のDFからFWにつなげられたりとしんどい試合だった。
うちは足が速くウラに抜けるのが得意な選手が多いので、その受け手のよさをもっと出せるようにしていきたい。インカレではプレッシャーが速いチームでも交わせるようにしたいし、全国の有名な選手たちとやれることは楽しみです。

−Voice 阪南大学・朴成基ヘッドコーチ
 相手のいいところを出させず、ある程度自分たちのサッカーをできたが、この結果を現実としてしっかり受け止めなくてはいけない。入れ替え戦の相手はどちらが来ても得意とする相手ではない。それを試練と受け止めて、取り組んでいくしかない。今日は3人が出場停止だったが、それでチーム力が落ちたというよりは、運を引き寄せるだけの普段の行動や取り組みという部分が足りなかったのだと思う。すべてをいい方向に考えつつ、謙虚にやるべき事をしっかりやっていきたい。


posted by yasuyo KANIE at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。