2007年12月12日

【07秋季リーグ】1−2部入れ替え戦/京産大−龍谷大 スタッフ・選手コメント

2007年度関西学生サッカーリーグ 1−2部入れ替え戦・京都産業大−龍谷大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 京都産業大学・古井裕之監督
 こういうゲームになるのではと予想はしていた。勝てると思うな、勝ちに行くんだと言い続けて、結果1−0だが全員が勝ちたい気持ちが非常に出た試合だったと思う。初めての1回勝負の入れ替え戦で、相手も勢いがあって、粘り強いDFをしてくる。前半はつないで丁寧に、後半は風下なので木付を入れてスピードを生かして仕掛けた。セットプレーでの得点になったが、一番嫌なウラのスペースをつけた。
 来年、有望な選手も入ってくるし、新しい血を入れたい。カウンターにプラスしてビルドアップからポゼッションして形をしっかり作れるサッカーをできるようにしたい。今年は試合に出ている4回生が少なかったが、来年は3、4人4回生がメンバーに入ってくると思うので、期待している。

吉川拓也−Voice 京都産業大学・吉川拓也(DF)
 いつもはセットプレーでは渡邉さんに任せることが多いが、前半から僕についてるマークも甘かったので行こうと思っていた。カネ(金本)さんからちょうどいいボールが上がっていたので、押し込むだけだった。4回生と一緒に試合をやれるのも今日が最後なので、得点を決められて嬉しかったです。リードしてから、つなぐのかウラで相手を押さえるのかが曖昧になってしまい、押し込まれる場面が多くなってしまった。(ギリギリのところでクリアした場面は)、カバーに入って足でクリアしようとしたけど、身体に当てるしかなかった。春よりも相手も仕上がっていたので、秋はなかなか自分らのやりたいサッカーができなかった。走るのがベースだけれど、来年はそれをもっと上げてさらにボールポゼッションを多くしていきたい。新入生も入ってくるし、気を引き締めて頑張ります。


posted by yasuyo KANIE at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。