2007年12月15日

【07秋季リーグ】1−2部入れ替え戦/大体大−大教大 スタッフ・選手コメント

2007年度関西学生サッカーリーグ 1−2部入れ替え戦・大阪体育大−大阪教育大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 大阪教育大学・入口 豊監督
 うちとしては思いどおりの展開だった。前半は0で行って後半勝負と考えていたが、前半に得点できたので向こうは前がかりに来るから、そのウラを取ろうと話していた。体大の攻めが単調だったので、熊元に競り負けてもそのこぼれ球をしっかりひらおうと指示をした。みんなよく集中できていたし、(金川)和也がスーパーセーブもしてくれた。最後まで切らさないことが一番大切と思っていたし、そのとおりに戦ってくれた。リーグも尻上がりに良くなっていって、最後2試合勝たなければという状況でも勝てた。うちは自動であがるよりも、逆境の方が力を発揮するのかもしれません(笑)。
 今の4回生が1回の秋に昇格を決めて、その4回生が2部でも常に上位を維持してくれた。4回生に頼っていた分、もう一度全体のまとまりを見直す必要があるが、次の4回生のキャプテンシーに期待している。

上野大樹−Voice 大阪教育大学・上野大樹(DF・主将)
 今回は一発勝負で、2部の僕らは失うものがない分有利なので、どんどん前から行こうと思っていた。前半に1点取れたことで後半は相手も点を取りに前に来ることは予想していた。体大はサイドが強いので、中をしっかり人数かけて守ろうと集中していたし、前に相手が来る分、カウンターでいこうと言ってたとおりにチャンスも作れた。春の入れ替えではいい試合はできたけど、相手の能力の高さにやられてしまった。そこを抑えるには気持ちしかない。今日は入りもよかったし、しっかり前から気持ちを持ってやっていけた。
 僕らが1回生の時に昇格して、後輩たちにもその気持ちを経験させたいという思いでこの1年やってきた。結果が出ないときも4回生が中心に、マイナスの声ではなく、プラスの声を出すようにしていこうとまとまって、最後は5連勝で昇格を決めた。こうやって勝って大学サッカーを締めくくれて感無量だし、最高です。1部のチームは能力も高い。そこで大教らしくまとまって、守備からしっかり入って、組織でやっていくことが大切だと思う。通年リーグになるし、後輩たちには期待しています。

高垣淳司−Voice 大阪教育大学・高垣淳司(DF)
 高校のときからCKは練習していて、高校選手権でも直接決めたことがあります。今日は風が強かったので、思い切って直接狙おうと思っていました。春は直前で1部昇格を逃したので今回はあがりたかったし、入れ替え戦が1試合だけなので、いつも以上にみんな集中して、統一してやれたと思います。風があったので大きくクリアして、そこからつなげてシュートまで持っていけた。変につなごうとせずに、全体で統一してやれたことが勝利につながったと思います。
 1部リーグでは負けない試合をしたい。まず上位を狙えるように頑張ります。

大教大イレブン、昇格おめでとう。


posted by yasuyo KANIE at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年度関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。