2007年12月24日

【07インカレ】グループリーグ第3日/法政大−九州産業大 監督コメント

第56回全日本大学サッカー選手権大会 グループリーグ第3日・法政大−九州産業大の監督コメントです。
−Voice 法政大学・照井博康監督
 入りが良くなかった。1点取ってから隙があって、すぐに決められたことが今日のゲームを物語っていた。もうちょっと集中しないといけない。後半は向かい風なのでサイドから徹底して攻めろと指示をしていた。市川はすでに1枚カードをもらっているので、次に警告をもらったら決勝トーナメントに出られなくなる。(本田)タクも足が完治していなかったので、3−1の時点で変えたことで、選手もこの試合をとったという感じになってしまった。今日は福田が累積で、堀越が入ったことバランスの面で心配はあった。少しあたふたしてしまったのがいけなかった。
 大量得点の後は点が取れないと言われるが、今日は4点入れたことは評価できるが、4−1から追いつかれたことは悔いが残る。そこをトーナメントまでに修正したい。(1回戦の対戦相手)東京学芸大にはリーグで負けているので雪辱を遂げたい。優勝するという目標を持っているし、4回生も最後で頑張ると思う。今日の教訓を生かしたい。

−Voice 九州産業大学・籾井徹司監督
 来年につながる引き分けだったと思う。4回生がいいもんを残してくれた。後半の3失点目はちょっと早すぎた。点を取りに行かなきゃだめだが、失点しないことを考えての攻撃をしようと言っていたが、セットプレーからやられてしまった。勝てなかったが一人少ない中、引き分けに持っていけたのは、向こうも決まったと思ったのか足が止まったし、失うものはなくなり逆に良さが出たと思う。(先制点を決めた朴を変えたのは)3点差があったので、4回生をできるだけピッチに残したかったから。変わった平吉は、期待されながらリーグではなかなか点を取れなかったが、今日は短い時間で最後の最後に得点してくれた。
 個のスキルの部分ではかなり差があるが、その差を含めていい経験をさせてもらった。あの本田のループシュートも、いい勉強になった。1年を通して今年のチームは波があった。インカレでも1戦目はいい形で入れたのに、2戦目は引き分けでも次につなげられるところを落としてしまった。どういう相手でも常に自分たちが意図することをできるかという部分で、法政はずっとスタンスを変えずに戦ってきていた。そういうこともいい勉強になったと思う。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。