2008年01月09日

【07インカレ】決勝トーナメント1回戦/早稲田−高知大 監督・選手コメント

第56回全日本大学サッカー選手権大会 決勝トーナメント1回戦・早稲田大−高知大の監督・選手コメントです。
−Voice 早稲田大学・大榎克己監督
 とにかく勝ってほっとしている。試合というのは相手があることなので、いつも自分たちのペースでやれるとは限らない。前半は高知大に押し込まれる場面が多く、こちらが先制する前に失点していればその後の展開はわからなかった。
 相手の高知大については、事前のビデオ分析で、カウンター攻撃の縦の速さ、ルーズボールや浮き球を必ず競ってくるフィジカルコンタクトの強さはわかっていた。対してうちが意識したのは、前線からしっかりボールを追って相手の攻撃を遅らせること、長いボールを蹴らせないこと、いいポジションでブロックをつくること。最終的に無失点で終れたが、ピンチもあったので、達成度は80%くらいだと思う。
 うちの攻撃に関しては、相手の守備ラインが低くかちっと守ってきたことと、ピッチ状態が悪くてボールがつながらないため、ミスを恐れてしまったことで、本来の力を発揮できなかったと思う。本来ならもっとシュートを打てる力はあるはずだが、前半のシュートは3本と、力を出させてもらえなかった。ただ、3本のシュートで2点決めた決定力は評価できる。
 インカレについてはうちは特に思い入れが強い。何しろ昨年の決勝で駒沢大に6点取られて惨敗したところから今年のチームが始まっている。リーグでは駒沢大に2勝しているが、インカレで昨年の借りを返したいと、チーム全員が強く思っている。

−Voice 早稲田大学・兵藤慎剛(MF・主将)
 今日は立ち上がりに相手がいいサッカーをして押し込んできたが、それをしっかり耐えて、いい時間に先制点を取れたのが良かった。前半に2点取れて、その後は落ち着いてサッカーができた。ゴール前をしっかり固めて失点しなかったこと、少ないチャンスをきっちり決められたことが勝因だと思う。完璧に自分たちのやりたいことができたわけではないが、勝ててよかった。
 相手の高知大は、引き気味にかちっと守ってきた堅さと、フィジカルの強さが印象的だった。こちらが先制した後も集中を切らさず、よく戦ってきたと思う。
 去年インカレの決勝であんなぶざまな負け方をして、悔し涙を流したのは忘れていない。ぼくを含めて4年にとっては最後の大会だし、とにかくしっかり結果を残したい。4強になればどのチームもレベルは高いので、きちんとやり方を考えていく。

−Voice 高知大学・野地照樹監督
 試合前のプランとしては、立ち上がりからボールを奪ったらカウンターで速く攻める狙いがあったが、実際には段々逆になって、こちらが押し込んでいるのに、カウンターを食らう展開になった。敗因は先制されたことだが、1点目より2点目が厳しかった。前半1失点で抑えていれば後半もう少し戦えたと思うが、2点で早稲田大に余裕を与えてしまった。
 本来ならもっとパスをつなぐ攻撃をしたかったが、ピッチの状態が悪く、また慣れないグラウンドということで、正直不利を感じた。高さに関してはDFの坂口(遥・4年)を中心によくがんばったものの、早稲田のプレスがきびしく、つなぐサッカーができなかった。1点でも取れていれば、選手の気持ちも変わって面白いゲームになったと思うが、早稲田はとにかく堅かった。
 早稲田大は関東の強豪、大学サッカーを代表するタレント軍団で、昨年1−6で敗れている相手だが、去年ほど強いとは思わなかった。しかし、チャンスを決める力はすごいし、リスクを負わないサッカーをするチームで、非常にやりにくい相手だった。試合巧者というのか、うちの経験不足を強く感じさせられた。
 大会を振り返って、決勝トーナメントに出られたのは、目標を1つクリアしたと思う。グループリーグの最後の中大戦、0−3から3−3に追いついてグループ1位になったのが大きなドラマだった。もう1つドラマを作りたかったが、叶わずに残念だ。左サイドの三浦(功司・3年)など負傷者も出て、今日戦った選手はベストメンバーとは言えないが、全員がよく戦ってくれたと思う。
 今年のチームは4年生が6人先発に入っており、1年の時からレギュラーで出続けてきた彼らが抜ける影響は大きい。来年はその穴を埋めなければならないが、今日戦った3年生以下の選手が、今日の経験を生かしてがんばってくれるはず。全国で優勝を目指すには、フィジカル、技術、経験、練習環境など全てがまだまだ足りないだが、全国大会で強豪を苦しめて、「高知大がいるな」という存在感を示すことのできるチームを作っていきたい。

−Voice 高知大学・柏木佑介(DF・主将)
 失点の場面は、早稲田の選手にドリブルで突破された。そのドリブルを止める守備力がぼくらにはなかったということ。グループリーグの相手とは違う、技術の差を感じた。サイドチェンジを1ステップで蹴ってくるし、ポジションを流動的に変えてくるなど、展開力もすごかった。無失点に抑えるのが目標だったが、先制されて前に出るしかなくなって、みんなの気持ちというか、攻守の判断がちぐはぐになってしまった。
 相手は関東の厳しい環境でもまれているチームで、対して僕たちは強い相手との試合の機会に恵まれず、経験の差が大きい。失点の場面にしても、ドリブルに対してもう少し厳しく身体を寄せたり、シュートの前にボールに触ることができればどうにかできたかもしれない。その1歩が大きな差なんだと実感させられた。あっけない失点だったけに悔やまれる。
 今後は、環境に不満を言わず、どれだけ自分たちを追い込んでいけるかが課題だと思う。今年の4年生は例年より試合経験が多く、特に去年の天皇杯やインカレでの経験が生きた。そうした経験がなければがんばる気持ちは出てこないから、後輩たちには今日の経験を生かしてほしい。来年以降も勢いのある選手はいるので、インカレのベスト8は不可能じゃない。そのために何が必要かを後輩に伝えていきたい。

−Voice 高知大学・小山辰吾(FW)
 早稲田のCBはうちの前の選手に比べれば足が速くないので、とにかく裏を狙った。相手のディフェンスラインの前から長めのシュートを打ったのも、相手の守備をボールに食いつかせてから裏に蹴る狙いから。作戦通りに戦えて、特に前半は比較的中盤でボールを奪われずに裏をとる形ができたけど、そこで点を取れなかったのが痛かった。
 本来の高知大はパスをつなぐチームだが、今日はグラウンドのこと、サイドの三浦がいないこともあって、その余裕がなかった。後半双方が疲れてから少しは高知大らしいつなぎができたが、早稲田のプレスは本当に厳しかったので、今日のぼくらの中では裏に蹴って走る形がベストだったと思う。最初は4−4−2で僕は左のサイドから中に入っていく形、途中から僕がトップに入って4−3−3にしたが、うちらしい攻撃ができず、最後までペースを握れなかった。
 とにかく、0−3の負けは悔しい。早稲田についてはビデオを見て弱点も研究したが、それを上回る強さで、隙がなかった。

 <コメント取材協力(敬称略)>
  後藤朝子


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。