2008年03月05日

【デンソーチャレンジ】大会を終えて:関西A−DF

関西選抜AのDFによるデンソーチャレンジカップ大会後のコメントです。
Q1.関西選抜を経験して、自分にとって一番収穫だったこと、手ごたえに感じたことはなんですか?
Q2.関西選抜を経験して、自分の課題と感じたのはどういう点ですか?
Q3.リーグ戦へ向けての抱負をお願いします!

藤春廣輝−藤春廣輝(大阪体育大学・1年)
A1.全国でもやれる自信!
A2.フィジカル。
A3.リーグ戦優勝!



森本一樹−森本一樹(同志社大学・3年)
A1.他地域や他大学の選手のハイレベルなサッカーや意識の高さ等、見習うべき数多くのことを肌で感じた点。
A2.自分の実力をどんなときでも100%だせるようにならないと、勝負できないと感じた。
A3.優勝目指して頑張ります。応援よろしくお願いします。

山川徹也−山川徹也(大阪産業大学・3年)
A1.高さ。
A2.色んなスピード。
A3.1部昇格。



畑尚行−畑 尚行(立命館大学・3年)
A1.ハイスピード、ハイプレッシャーの中でやるという新しい経験が出来ました。
A2.いつもどおりのプレーをする難しさ。
A3.デンソーでの経験を活かして、ベストを尽くせるようにガンバリます。

前野貴徳−前野貴徳(立命館大学・1年)
A1.100%の力を出せば、いい結果が出る。
A2.基本的な技術と体力。
A3.全力で戦う。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。