2008年03月05日

【デンソーチャレンジ】大会を終えて:関西B−DF

関西選抜BのDFによるデンソーチャレンジカップ大会後のコメントです。
Q1.関西選抜を経験して、自分にとって一番収穫だったこと、手ごたえに感じたことはなんですか?
Q2.関西選抜を経験して、自分の課題と感じたのはどういう点ですか?
Q3.リーグ戦へ向けての抱負をお願いします!

佐藤祐起−佐藤祐起(関西大学・3年)
A1.関西地区で選抜された選手たちと一緒にプレーして、自分がどこまでの選手であるのか知ることができた。デンソーで自分の課題に気づき、これから改善していけたら、もっと良くなっていける可能性を感じました。
A2.課題は玉離れの速さと玉際の強さ、1vs1での積極性。
A3.今回のデンソーで感じた課題を出来る限り改善して、今以上のパフォーマンスを出せるようにしたい。まずは試合に出ること。そこでチームを引っぱり、日本一を目指す。自分自身最後の年、悔いの残らんように戦います。

宇佐美宏和−宇佐美宏和(関西大学・2年)
A1.自分の特徴が通用する部分と、しない部分が明確に出たこと。
A2.クロスの質。
A3.全勝!優勝!



馬場悠−馬場 悠(大阪学院大学・3年)
A1.チームワークの大切さ。1試合通してうまくいかない時に、どう考え対応していくか。
A2.1対1、ヘディングの強さ。ポジショニング(カバーリング)。
A3.全勝で優勝。


山道雅大−山道雅大(大阪体育大学・3年)
A1.切り替えの早さ。その中でプレーできたことで判断力がついたと思う。
A2.攻撃の場面での得点にからむプレー。
A3.全勝優勝。


大久保悟−大久保悟(大阪教育大学・2年)
A1.高いレベルの中でサッカーができたという経験。
A2.判断の早さ。パスの質の高さ。
A3.初の一部なので、一戦一戦強い気持ちを持ってチャレンジしていきたいです。


田中雄大−田中雄大(関西大学・1年)
A1.選抜という事で、勝っていくにはコミュニケーションが大事だと思ったから、意識してもりあげたりできたと思うし、チームとしてよくなったと思う。
A2.切り替えのスピード。ボールをとめて、けるっていう質を上げる。
A3.優勝。日本一。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。