2008年04月30日

【08リーグ】第5節/関学大−びわこ大 スタッフ・選手コメント

2008年度 第86回関西学生サッカーリーグ 第5節・関西学院大−びわこ成蹊スポーツ大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・成山一郎ヘッドコーチ
 立ち上がりからびわこの方が勢いがあって、その流れで失点してしまった。得点してびわこが一息ついたところで、ちょっとこちらのリズムになりかけたが、引き戻せなかった。後半は阿部がボランチに入ったことでボールも落ち着いて関学の流れに出来た時間もあったが、そこで決定的な形が作れず、逆にカウンターでやられてしまい、向こうのゲーム運びのうまさとこちらの甘さが出てしまった。個々は一生懸命やっていたのだが、チームとして攻守ともにまとまりに欠けた。びわこは立ち上がりうまかったし、関学は劣っていたことが点差になったと思う。連戦で間は短いですが、だからこそ明るくいい雰囲気を保って、次につながるような過ごし方が大事になる。その準備をしっかりしていきたいです。

小関佑典&青戸謙典−Voice 関西学院大学・小関佑典(MF・主将)
 勝ちたいと思っているだけじゃ勝てない。前半はボールを取ってやると思って走ってるヤツもいなくて、誰かがそうすれば相乗効果で伝わるかと必死になって取りにいったが、そうなっていない感じだった。最初から全力でやればいけるのに、やってることに責任をもってない選手もいる。びわことはやってることが同じと去年からわかっていたのに、走り負けて後手後手になっていた。前で取って攻撃するというのを相手にやられてしまった。みんな頑張ってないわけじゃないけど、頑張ってるだけじゃなく、見ている人に勝ちたいという気迫が伝わるプレーをしないと勝てない。サッカーの部分よりも、一生懸命やって初めて結果というのはついてくる。やり切れていないのに負けることが一番悔しい。100%やって、初めて課題が出てくる。
(写真右はMF・青戸謙典)

−Voice びわこ成蹊スポーツ大学・松田 保監督
 向こうは前線の人数が少ないからスペースがある。平野はポテンシャルが高いし、DFとの1対1で勝ってくれたことで、突破力を使って攻め手が取れた。若いチームなので先取点を取れたことは大きかった。京産との試合では、失点して向こうがボールを取りにきたところでDFのバランスを失って自滅してしまった。それがうちの実情でもあるし、個々の質の高さがまだ足りない。関大はミスのないサッカーをしているが、そのレベルにするためには、まずはDFから鍛えていく必要がある。関学の良さが今日は出ておらず、リズムもなかったのでカバーをしっかりすればやれた。お互いのスタイルが似ているかもしれない。今日は中盤を小池がよくコントロールしてくれて、舩津と役割が明確になったことで先手を取れてサッカーが出来ていた。DFの中原も含めて、今年は4回生が頑張ってくれていることがいい結果につながっている。

平野甲斐−Voice びわこ成蹊スポーツ大学・平野甲斐(FW)
 今日は狙い通りに戦術がはまった。ウラに抜け出すパターンで、やっと得点できた。僕が仕掛けてそこからみんなにパスをして崩すというコンセプトだったので、1、2点めはそのとおりにいけました。3点めは1対1で狙いどおりです。その前に同じようなチャンスで止められていたので、決められて良かった。選抜でFWをやったので、「やってみるか」でチームでも始めて、遠征でもちょっと試したりはしていた。でもリーグが始まってからはサイドをやってたんですけど、2戦目で大敗した後に何かを変えないとという意図で僕がFWに入ったら、うまく当たってる感じです。選抜では、狭い局面での正確性を学んだが、チームではそれよりもスピードを活かすことに徹している。CBの2枚が相手のFWに対してしっかり守備してくれるので、僕が前で追い掛け回せば後ろで取ってくれるという信頼感もある。連戦だけど確実に勝って、首位争いに加わっていきたい。リーグで勝ち続けることが、関西選手権にもつながると思う。


posted by yasuyo KANIE at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。