2008年05月04日

【08リーグ】第6節/びわこ大−大教大 監督コメント

2008年度 第86回関西学生サッカーリーグ 第6節・びわこ成蹊スポーツ大−大阪教育大の監督コメントです。
−Voice びわこ成蹊スポーツ大学・松田 保監督
 内容よりも効率よくサッカーが出来ていた。大教大のDFに脆さが出たから、得点できた。前節の関学、今日の大教大ともに、DFがこちらのFWに引きずられてくれたので、攻め手がうまくいった。だが、もっとチャンスはあったのに、ものに出来ない甘さがまだある。平野はFWで生かした方が、彼の良さがうまく出ている。大教もつなぎよく攻めてくる場面があったが、こちらのDFが粘り強く対応できて、簡単にはやられなかった。京産戦で大敗したことがいい勉強となり、そこから修正できたことが失点が減った要因だろう。連勝で勢いがあるうちに、いいゲームを続けたい。通年リーグは私としても初めての経験。選手と一緒に勉強しながら頑張りたい。

−Voice 大阪教育大学・入口 豊監督
 セカンドボールをびわこに拾われ、そこからミスなくつないでこられて分厚い攻撃を仕掛けられ、押し込まれてしまった。うちの運動量も足りなかった。トップの2人に三好が絡めたら攻撃でのチャンスも広がるのだが、舩津が効いていてなかなか決定機を作れなかった。スカウティングをしてはいたけれど、びわこのFWは思っていた以上に早く、(山本)翔太と健名がどうつくか混乱していた。びわこはそつがなかったが、マイボールにしてからすぐにミスをしてしまって、リズムをつかめなかった。そこでミスを誘うようにプレス来る守備意識の高さが相手にはあった。後半はびわこも間延びして攻めるチャンスもあったが、しのがれてしまった。それだけびわこには集中力があったと思う。


posted by yasuyo KANIE at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。