2008年05月04日

【08リーグ】第6節/関学大−立命大 スタッフ・選手コメント

2008年度 第86回関西学生サッカーリーグ 第6節・関西学院大−立命館大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・成山一郎ヘッドコーチ
 結果としては勝ったが、攻守ともにもっと出来ると思う。2試合連続して先に点を取られていることを、もっと考えなくてはいけない。もう1つは、同じようなシチュエーションだったのに、今日は勝ってこないだは負けたのはどうしてなのかを理解しないとダメ。選手たちでその原因を見つけて欲しい。ハーフタイムにはポジションとゾーンをきちっと確認しろと話したが、それはずっと練習してきていることなので、試合中に選手たち自身で修正して欲しいことでもある。
遅かったけれど、やっとチームとしてひとつにまとまりかけているかなというところ。チームがひとつになる一体感を感じることを省いていくことは出来ないのが大学サッカーなので、そこにプラスしてもっとサッカーの質を高めていきたいです。

阿部浩之&青戸謙典−Voice 関西学院大学・青戸謙典(MF)
 前節は負けて、順位的にも実力的にも思い知らされた形になった。見に来てくれている人や、応援してくれている仲間に響く試合が出来ていない。来て良かったと思わせるゲームをしたいし、勝ち点をとってチームを盛り上げたいという気持ちもあった。連戦になってから勝てていないので、みんな今日にかける思いも強かった。だけど入り方が悪くて相手にいいポジションを取られてボールを回されてしまい、プレスも曖昧でFWに入れられるボールも多くなっていた。プレスを誰に行くかも、後半は成山コーチの指示もあって良くなって、そこからは上手くはまった感じです。得点はたまたまです。僕の課題は攻撃で、練習でも意識して勝負しろ、勝負して取られたなら仕方ないと言われている。村井がフリーでいるのが見えて迷ったけど、思い切っていったらうまく入った感じでした。
(写真は左:阿部浩之、右:青戸謙典)

−Voice 関西学院大学・阿部浩之(MF)
 もっとコンパクトにいいシュートを打とうと思っていたのにボテボテになってしまった。練習から枠を外してばかりなので、もっとシュートの意識を高めないといけない。前節はボールを奪っても蹴っては取られてになってしまった。今日はボランチなのでゲームを落ち着かせて優位に運べるようにしようと思っていたが、全然出来なかった。そこはチームとしての課題だと思うし、改善しないともっと勝ってはいけないと思う。先制されたけれど粘り強く、崩れずにやれたので、前の試合よりは1歩前進できたかな。DFに頑張ってもらってるから、前の3人がもっと結果を残さないといけない。コンビネーションや近づいてシンプルにプレーすることが出来ていない。分厚い攻撃が出来るよう、キープしたら前を向いて勝負して、セットプレー以外でも得点チャンスを広げたい。大学は高校よりも強さがあるので、もっと上手さを身につけたいし、ずるがしこさも必要だと感じた。足元で勝負できるよう、技術も向上させていきたいです。

−Voice 立命館大学・米田 隆監督
 前半は関学がスローペースで、こちらがそこで1点を取れるかどうかが勝負だった。これまでになかった形でいい取り方ができたが、後半はオーバーペースになり、関学がセットプレーも含めて攻撃に人数をかけてきたことで失点してしまった。関学にはセットプレーというストロングポイントがあるので、そこはしょうがない。あと2日で次のゲームが来る。振り返ることは大事だが、やるべきことを90分やることは変わらない。ゲームの勝負どころでやれるかやれへんのかという違いがまだある。振り返っても我慢しどころで得点できずに失点している。だが、うちがやろうとしていることをしっかりやることで見えてくることだし、そうすることで克服するしかない。勝ち負け以上に中味を感じることは経験しないと出来ない。選手は良くやってくれているので、良かったところとそうでないところを受け止めて、次に向かえると思う。

長谷川卓登−Voice 立命館大学・長谷川卓登(DF・ゲームキャプテン)
 失点の時間帯が悪かった。前半1−0で折り返せたら、いい流れでいけただろうけど、課題であるセットプレーでやられてしまった。間延びしてしまうと立命館のつなぐサッカーができなくなってしまう。運動量が落ちた時間にラインを一度下げてそこからビルドアップしていくのか、はっきりできないところでセカンドボールを拾われてしまった。悪い時間帯の時にどうするのかをもっと全員で統一していかなければいけない。やろうとしていることは見えてきているけど、その時間帯をもっと長くしていくことが大事。つなぐことにプラス、人と人とのバランスを攻守ともに意識していきたい。相手がどこであれ、自分たちのスタイルがどこまで試合の中で出せるかが大切だと思っている。次までにチームとしてしっかり修正したい。


posted by yasuyo KANIE at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。