2008年05月20日

【08リーグ】第9節/京産大−姫獨大 監督コメント

2008年度 第86回関西学生サッカーリーグ 第9節・京都産業大−姫路獨協大の監督コメントです。
−Voice 京都産業大学・古井裕之監督
 入り方は良かったのだが、相手のワンチャンスで失点してしまった。時間も早かったし、失点しても焦るなと言っていたが、2点めの取られ方と時間帯が痛かった。後半、うちが早く得点を取れてプレッシャーを与えられれば良かったが、ボールポゼッションはできても相手が嫌なゴール前には持っていけなかった。風上だったし、早い時間に取れていればどうにかなったろうが、自信のなさに焦りがつながっていたのかもしれない。馬場を中盤に置いたのは、前目で相手を潰したかったから。運動量も多いし、攻撃でも起点になれる。それと精神的に強さのある村中をCBで起用することで、活性化させたかった。ゲームに臨む練習を1週間見てきて、4回生として良い影響を与えられているのか考えて欲しい選手もいたし、下の学年で頑張っている選手を使いたかった。リーグは中断するが、選手権では結果よりもしっかり戦う気持ちが出せることが一番大切。勝つにこしたことはないが、本来の90分走り抜けることをしっかり感じ取れたらいい。今、うちにとっては結果云々よりも戦える面子でやろうとしていることを意思統一してやるしかない。

−Voice 姫路獨協大学・昌子 力監督
 京産に元気がなかったのもあるが、良くやった。連勝して、こんなことも1回くらいはあるのかな(笑)。前に大阪学院に勝った次の試合で、まだ勝ち星がない状態だった近大に負けてしまった。もがいている近大の必死さに対して、油断するような余裕はないのだから「勝てるわ」という気になったらあかんと喝を入れたのだが、案の定不甲斐ない試合をしてしまい、そこからずるずると悪い状態が続いていた。びわこに勝てたが、また同じようになる可能性がある。京産も勝ち点を取れていないので、必死で来るチームに対してちゃんと戦わないと同じ失敗をしてしまうことが一番心配だった。前半に風上に立つなら、1点では物足りない。なんだかんだと2点取れたのは大きかった。後半はセカンドを拾う意識をしっかりもたせないといけないと考えていた。連勝したことは自信になるだろうが、驕りにならなければいいと思う。ケガ人が多く余裕のない状態が続くが、関西選手権の相手は近大なので、リベンジと意識付けできる分、組みいいかもしれない。


posted by yasuyo KANIE at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。