2008年06月03日

【08関西選手権】準決勝/阪南大−関学大 スタッフ・選手コメント

第37回 関西学生サッカー選手権大会 準決勝・阪南大−関西学院大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 阪南大学・須佐徹太郎監督
 前半は同サイドばかり使って単調になっていて、(西田)剛にぶちこむしかなくなっており、その状況を打開できていなかった。後半は木原が左右に流れて期待に応えてくれたし、小寺・東も苦しい中、攻撃の起点を作る努力をしてくれた。1週間で3試合目になるが、うちは回復力には自信がある。サプリメントも含めてその対応はしっかりやってきているので、後半の残り15分で相手を上回れると思っていた。次の体大は身体能力が高い選手が多い。うちは澤崎と井手口が出場停止で使えないが、精神的に苦しいゲームをしっかり戦ってきているので、不安はない。

西田剛−Voice 阪南大学・西田 剛(FW・主将)
 DFラインから中盤に関しては、立ち上がりは完璧だったと思う。だけど中盤から僕らFWのところが、いい部分もあったけどラストパスのタイミングが合わなかったり、精度が足りなかったり、相手の頑張りもあってこじ開けられなかった。後半は仕掛けがシンプルになり、ダイレクトで引きつけてパスを出すようになった。僕が楔に入って、木原が抜けるというのは練習でもやってることなので、ゲームの中でその形を出せたけど、フィニッシュで決めないといけない。入れようとは言っていたが、今シーズン初めてCKから取れたことは良かった。キャプテンとしてみんなに指示をする側になり、自分が口だけじゃなく実際にやることでみんなをついて来させるようにしている。そういう部分や他の4回生の助けもあって、チームワークが生まれているのがいい結果につながってるかなと思います。決勝で勝って、タイトルを取ることでチームの自信につなげたい。全員で頑張ります。

野田紘史−Voice 阪南大学・野田紘史(DF)
 DFだけど常に得点は狙っています。前半も似たような形でこぼれてきたし、また来たと思った。僕は元々FWなので、こぼれ球に対して諦めない気持ちは持っていて、それが得点につながったと思う。ここまで失点が少ないことが守備の自信になっている。今日もやられる気はしなかった。今年はDFに4回生が多いので責任感も出てきているし、DF同士の連携やGKとの連携をいつも取り合っているのが試合にも出ている。とどめをさせる次の点を取ることが、チームの強さになるのでそこをもっとみんなで向上させていきたい。次は出場停止で出られないヤツもいるが、ベンチのメンバーや応援してくれるみんな全員がここまで戦ってきた仲間。そのみんなで戦えば必ず優勝できる。切らすことなく全員で戦いたい。

−Voice 関西学院大学・成山一郎ヘッドコーチ
 阪南がゲームを支配してはいたが、0点に抑えていたので自分たちの流れというのもあった。前半を失点なく抑えれば何とかなるという気持ちもあったが、それが淡くしか持てなかったのがチームとしての弱みだった。阪南はうちよりも個々が上だったし、攻撃も上回っていたのに加えて、集中して気持ちの面でも戦っていた。気持ちしかない関学としては武器が足りなかった。だが、3位決定戦という経験もリーグではなかなか味わえないこと。プレッシャーから逃げずに戦って欲しい。どんな状況でもいつもやってることをやり続けるしかない。みんなで声を出して明るく元気に練習に取り組めている中で、手抜きをさせずにしっかりと取り組ませていきたい。

原田和明−Voice 関西学院大学・原田和明(GK・ゲームキャプテン)
 セットプレーで失点してしまい、悔しい。僕が飛び出たけれど、うまくさわれておらず、ミートしていなかった。DFもマークを外してしまい、セカンドへの対応が遅れていた。小関が出られていないけれど、みんなが変わらなきゃいけないと思って変わってくれたことで、練習の雰囲気も違うようになってきた。声を出して、自分がやってやろうという雰囲気になって、一人一人が変わったから準決勝まで来れた。今日、負けたからと言って下を向いて落ち込むのなら、試合に出ない方がいい。今以上に盛り上げて積極的にゲームに参加して欲しいし、出られなかった選手も戻ってくることで、今以上の力を出せたら結果になる。自信を持ってプレーして、課題をつめていくことで次につなげたい。

志田野雄一朗−Voice 関西学院大学・志田野雄一朗(DF)
 最初の15分はオールコートプレスをかけて取りに行こうとしたが、相手も研究してきていたのか、シンプルに蹴りこんできて向こうのスピードになれるまで時間がかかってしまった。スペースを与えたらうまいツートップなので、1対1で間合いを詰めることを徹底したし、チームではコンパクトに個人では1対1をタイトについていった。だけど、セットプレーで一瞬の隙をつかれてしまった。下を向いている暇はないので、反省をプラスに捉えて次に勝って全国を決めたい。関学のサッカーをやれば、必ず結果は出せると思う。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。